今日からブログを始めます

こんにちは。はじめまして。
やっちと申します。
第二次世界大戦の世界観に深い興味関心を寄せる者です。
平たく言えば、第二次世界大戦ミリタリーマニアです。

今日からブログをスタートします。
テーマは「第二次世界大戦」です。
これから第二次世界大戦について、自分の考えていること、感じていることをどんどん書いていきたいと思います。

今日は特別な日です。
今日、2月26日は二・二六事件が起きた日でもありますが、私の祖父が亡くなった日でもあります。
祖父は第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)に従軍しており、幼少の頃から祖父の第二次世界大戦の体験談を聞いて育ってきました。
私が第二次世界大戦に興味を持ったのは物心ついたときからで、生まれて気が付けば第二次世界大戦の世界観、ミリタリーに興味をもっていました。そんな私は、祖父の戦争体験の話を自ら進んで聞き、祖父も私の依頼に応えて体験談を語ってくれました。
第二次世界大戦の道を歩んできた軌跡を語るにあたり、祖父の存在はなくてはならないものです。
そんな祖父の命日にこのブログを始められることをとてもうれしく思います。

私は第二次世界大戦を愛しています。
第二次世界大戦を愛しているというと語弊があるかもしれません。
しかし、それ以外の言葉が見当たらないので、誤解を恐れずにそのように言います。
第二次世界大戦には男の美学があります。私はその男のロマンに魅かれて、第二次世界大戦を探究し続けてきました。
しかし同時に、第二次世界大戦は深い哀しみの歴史でもあります。
二度と繰り返されてはならない悲劇でもあります。
私はその間で葛藤し、自分の思いに調和を見出せないまま、今日に至ります。
そのアンビバレンスな状況こそ、第二次世界大戦の本質なのかもしれません。
人類が戦争という世界に没頭し狂喜し、そして哀しみを悟る。けれどもまた狂喜する。
その繰り返しが、自分の中でも起こっているのだと思うのです。

他の詳しい方に比べて、私は知識はまったく薄い方だと思います。
浅学で大変恐縮ではありますが、何かありましたらご指導いただけたらうれしく思います。
では、ブログをスタートします。
よろしくお願いします。
 
 
スポンサードリンク


「今日からブログを始めます」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です