はじめまして

はじめまして!
ようこそ、第二次世界大戦探検隊のサイトへ!
第二次世界大戦探検隊の代表を務めていますやっちと申す者です。

物心ついたときには私は第二次世界大戦に興味を持っていました。
第二次世界大戦の兵器をかっこいいと思い、戦争の話に強く興味関心を引かれました。
いわゆるミリタリーマニアとして幼少時期を過ごしました。
以来約40年にわたって第二次世界大戦を追いかけてきました。

私は第二次世界大戦を愛しています。
愛しているというと語弊があるかもしれませんが、誤解を恐れずに言えば、私は第二次世界大戦を愛しています。
第二次世界大戦には深い人間の本質が描き出されたストーリーがあります。
そして、第二次世界大戦に出てくる兵器たち武器たちはとても美しいのです。
その世界観に魅了されて、私は長らくこの第二次世界大戦という世界を追いかけてきました。

一方で、第二次世界大戦は深い哀しみの歴史でもあります。
二度と引き起こされてはならない悲劇のストーリーでもあります。
戦争には人間を、特に男を、狂喜させるものがあります。
そんな麻薬のような作用が戦争にはあるのかもしれません。
私もまた、そんな麻薬に侵されて狂った美学を追求しているのかもしれません。
第二次世界大戦には、男の美学があります。美しさがあります。ロマンがあります。
私は興奮と哀しみの間で葛藤しました。その葛藤は40年続くもので、今でも答えは出ていません。

当サイト「第二次世界大戦探検隊」では、第二次世界大戦のストーリーを紹介し、私の想いを語っていきます。
それを通して、読者の方々と一緒に、みなさんで第二次世界大戦の世界を探検していきたいと思います。
一緒に第二次世界大戦の世界を探求し、そのストーリーを味わってみませんか?
当サイトでは、初心者を歓迎します。最近、第二次世界大戦の歴史に興味を持ったという人も、前々から興味があったけれども薄く浅く知っただけという人も、知り合いが第二次世界大戦に興味があってその付き合いでさらりと興味を持ったという人も、どなたでも歓迎します。

私自身も40年近く第二次世界大戦を追いかけてきましたが、知識はまだまだ浅いです。詳しい人にはまったく歯が立ちません。
浅学さをさらけ出してしまうかもしれませんが、お目汚しどうかお許しいただけたらと思います。

それでは、第二次世界大戦の世界にみんなで飛び込んでいきましょう。
感動のストーリーをお届けしたいと思います。
よろしくお願いします。

2017年2月26日
第二次世界大戦探検隊
代表 やっち
 
 
スポンサードリンク